幻覚

トレイルランニング

彩の国100kmトレイルに挑戦します!

2019年の大きなチャレンジ

今までのトレイル最長距離はITJ(伊豆トレイルジャーニー)の71.5km。約13時間で完走いたしました。

今回出場するのは「トレニックワールド 100km in 彩の国 」です。

100kmと言っても:距離106.7km、累積高低差6,145m、オフロード80.0km(74.9%)

トレイルランニングのあるあるですが50kmの大会でもだいたい53kmぐらいあったり、レース中もコース上に「あと5km」表示が2つぐらいあったりと。
もうすぐだよ!って声をかけられても全然すぐじゃなかったり。あまり信用できません。
そのあたりのメンタルは強くなったと思います。

今年に入って奄美大島ジャングルトレイル50km、ニュージーランドのMotatapuウルトララン50km、ハセツネ30kmは完走しております。
ハセツネ30kmは3月末、それからトレイルの大会は出ていないのですがGW中に100km走るという小さな目標が達成できたので、とっても根拠のない自信があります。

彩の国100kmは31時間という制限があります。もちろん関門にも制限時間がありますので、うかうかしていられません。
またこの大会はとても厳しいことで知られております。

今回は第4回なのですが、実は1回目の完走者は「0」だったとのこと。
その後も完走率はとても低いのです。。。

朝9:00にスタートするのですが、夜中に走ることは確実です。真っ暗な森の中をヘッドライトをつけて走るんですねぇ。
100kmを歩くイベントは何回か出たことがあり、街中を夜通し歩いたことはありますが、森の中を夜通し走った経験はありません。

疲れと睡魔で幻覚さえ見えるという噂もあります。

奄美ジャングルトレイル50kmは約7時間、ニュージーランドMotatapu50kmは14時間。
今回の彩の国は50km×2=100kmですから単純に2倍か!というとそうではありません。
50kmも走れば確実にどこかが痛くなります。痛みをこらえながらもう50kmとなりますとスピードは確実に維持できません。

どれだけ休んでどれだけ走れるか?私にはそんな計算はできません。

ただ、考える前にエントリーしてしまったというのが本音です。

奄美ジャングルトレイル

考える前にエントリーしてしまえ!

フルマラソン走りたいけど体力がなぁ・・・って言っているといつになっても走りません。
じゃあどれだけ体力がついたら走るんだ!と言いたくなります。

何かにチャレンジしようとしている時は、考えないでまず申し込むことをお勧めします。
申し込んでしまったらもうその日のために頑張るしかないんです。
頑張らなくてもその日が来たら走らなければならないんです。

マラソンじゃなくても一緒ですよね。

とにかく「決断」したら「実行」する。
決断だけでは何も動きません。実行して初めて自分が変わるのです。変わらざるを得ないのです。

お金がたまったら〇〇をするとかじゃなくて、〇〇すると決めればお金をためるように頑張ってしまうのです。

私の今の総力では100kmは正直無謀と思ってます。
参加するからにはもちろん完走を目指しますが、リタイアしたって恥ずかしくはないんです。
誰にも迷惑はかけません。誰に怒られる訳でもありません。

チャレンジしたという自信がつきます。次につなげられるんです。

100kmなんてまだいい方なんです。100mile(160km)もあるんです。
それに比べれは100kmなんて60kmも短いのです!!!

よし、オレは完走する。スキップしながらゴールをするのだ!

goodr「goodr 横浜」で検索結果を定点観測してみる前のページ

須藤商店のロゴに想いを込めて次のページスッパマン

ピックアップ記事

  1. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!

最近の記事

  1. 実験
  2. アルトラゴールデンキャンプ2020
  3. サイトのテーマ
  4. アルトラのシューズ
  5. お悩み解決SEO

アーカイブ

  1. オウンドメディアSEO

    SEO対策

    御社のオウンドメディアをSEO対策してみませんか?
  2. 須藤商店検索結果

    SEO対策

    検索結果で上位を狙うこと
  3. カット数

    ブランディング

    面白い動画は意外とカット数が多い
  4. マインドフルネス

    メンタル・自己啓発

    「心配事のほぼ10割は起こらない」マインドフルネスだなぁ。
  5. 好きなことを書くSEO

    SEO対策

    好きなことを書けばSEOは気にしなくても上位表示される(かも)
PAGE TOP