鎌倉アルプス

トレイルランニング

新年初トレイルランニングはやっぱり鎌倉アルプスで!

初めて妻とトレイルランニング!へ


新年早々妻から「私もトレイルやりたい!」という告白があり、盆と正月が一緒に来たような気持になりました。
人類にとっては全く関係のないお話ですが、私にとっては大きな一歩となりました。

という訳でもう過ぎたお話しではありますが、去る1月4日に鎌倉アルプスを妻と一緒に走って参りました。
妻ですが全く走らない訳ではありません。

昨年の12月29日には「山手線一周RUN」イベントに参加し、無事42kmを走り終えております。
たまに10kmマラソン大会に参加したりとか。

恐らくここで火が付いたんだと思います。
リタイア必至と思われた山手線一周を難なくクリアし、小さな?成功体験の結果私と一緒に走ってくれるようになったのではないか?と勝手に想像しております。
嬉しい限りです。

であれば最初のトレイルはやっぱり鎌倉アルプスでしょぉ!とのことで、根岸線港南台駅から北鎌倉駅までの約10kmを走ることになりました。

天気は晴天!
妻が先に走り、私がおしりを追っかけるように鎌倉アルプスを走りました。
意外や意外!速い!落ち葉やむき出しの木々の根っこもなんのその。子供のように颯爽と前を走る妻。時折見失う程動物のように走っていきました。。。

トレイルランってスキーみたいね!

天気も良く、お正月とのことで人もあまり歩いておりませんでした。
それもありほぼ貸し切りの鎌倉アルプスを動物のように自由に走った我々。

鎌倉アルプス

あっという間に北鎌倉に到着してしまいました。
以下妻の感想

トレイルランってスキーやっているみたいでとっても楽しかった。
下りの時はスキーで滑り降りているようなイメージ。
上りもスキーを履いてゆっくり上るような感じ。

なるほど。そういう感じですか。

妻はカナダはウィスラーでスキーのインストラクターをしていたこともあり、我々家族も良くスキーに行ってました。
(今は王子の部活の関係で行ってません。)

トライルラン=スキーに似ている

妻らしい表現です。改めて考えると確かに似ている。気もする。
私もスキーは大好きなので、そう考えるとトレイルランにハマっている一つの理由なのかもしれません。
新しい発見です。

トレイルラン大会にも出たいとのこと。
残念ながら春のトレイルラン大会は花粉の影響で出たくないとのこと。

花粉の季節が終われば、念願の夫婦でトレイルランニング大会に出場することができそうです。

とっても楽しみです!

今度は稲村ケ崎まで走ってこんな景色を観たいですねぇ。
稲村ケ崎の夕日

ありがとう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!
  2. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!
  3. 「自由な大人」と書いた小学生の件
  4. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!

関連記事

  1. off the clock
  2. 厚底薄底論争

    トレイルランニング

    シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!

    今、陸上界でランニングシューズの厚底vs薄底論争が勃発しているのはご存…

  3. トレイルランの良いところ

    トレイルランニング

    トレイルランと街ランの良いところと悪いところ

    今日の横浜はとっても良い天気になりました。こんな日は何をしますか?…

  4. 幻覚

    トレイルランニング

    彩の国100kmトレイルに挑戦します!

    2019年の大きなチャレンジ今までのトレイル最長距離はITJ(伊豆…

  5. モンブラン

    トレイルランニング

    2019年UTMB(OCC)見事落選!

    2019年のUTMB(OCC)落選にホッとする本日日本時間18:0…

  6. 陣馬山トレイル

    トレイルランニング

    第18回陣馬山トレイルレースを完走して

    トレイルランの大会ってあったかいんです。トレイルランに限らずラン(…

最近の記事

  1. ハッピーソックス
  2. チームワークで仕事する
  3. 営業マン
  4. 須藤商店海に出る
  5. 奄美大島でSEO対策

アーカイブ

  1. マラソン

    メンタル・自己啓発

    1番じゃなくていいんだよ、今は。
  2. off the clock

    タイアレス須藤

    「Off the Clock」という新しいトレイルランの概念 #offthecl…
  3. フラミンゴ

    ブランディング

    エキサイティングだった2018年を振り返る。
  4. 房総横断トレイル

    トレイルランニング

    ~coast to coast~ 房総半島横断2017 68kmトレイルラン完走…
  5. 自己啓発

    メンタル・自己啓発

    自己啓発本はもう読まないことに決めた理由
PAGE TOP