厚底薄底論争

トレイルランニング

ランニングシューズの薄底厚底論争に自分だけ終止符を打った私。

結論!私は厚底にします。

私の場合はほぼトレイルランニングなので、ロードを走っている方にはあまり参考にならないかもしれません。
もちろんトレイルランニングだって完走目的なので本気で?トレイルランニングをしている方にも参考にならないかもしれません。

ただ、「楽しんで」感想をいたい!という方は是非参考にしてください。

好きなことを思いつきで書いている私のブログの中で一番アクセスが多いのはこの記事です。

薄底、厚底論争はありますが、私のようなレベルの人間はどっちでもいい!という内容の記事です。

安心感

5月に行われたトレニックワールド彩の国100kmではシューズを2足持ってきました。
HOKAONEONE BONDI5、ALTRAローンピーク3.5の2足。

厚底で知られるHOKAONEONE、つま先からかかとまで地面との高さが同じゼロトップで知られるALTRA。
ALTRAでもそこの厚さは2.5cm、意外とありますね。

トレイルランニングは森の中を走りますので木の根やゴロゴロした石の上等様々なコンディションの道をがあります。
モロにボコボコ道の衝撃を受けます。

レース後半になりますと足が上がらなくなりますので、小さな段差や突起にも躓くことが多くなります。
石とか根っことかを蹴ってしまうので、シューズもロードのシューズより若干固く重いものが多いです。

大会に出ると必ず何名かいらっしゃるのですが、ワラーチ=サンダルで走る人がいる!
一応ルナサンダルは持っておりますがトレイルを走る勇気はありません。尊敬します!

究極のゼロトップであり、人間は裸足が基本と唱えれてますので「それはそうだけど」と思いますが私には勇気がありません。
毎回躓きますがあれを裸足でとなるとゾッとしますね。

ロードもコンクリートの衝撃が伝わりますので、厚底で慣れてしまった私には薄底シューズで走る勇気はありません。
ただやはり姿勢を気にしている私にとっては裸足が基本という概念を無視するつもりはありません。

裸足を頭の片隅に入れながら、少しの罪悪感を持って厚底シューズで走りたいと思います。

結局「安心感」です。

好きなものを履く。ビジュアルも含めて気持ちよく走れるシューズで走れる。
私のレベルではやはり「気分を上げていこう」というナイキのコピーにもある通りなのです。

気分を上げていこう

私は今のところは厚底を履くことにしております。先日出場したテイネトレイルでも33kmという短い距離でしたが後半は雨の中、多くのガレ場を走りました。
BONDAI5は若干ロード寄りのシューズですが、厚底という意味では最高の安心感があります。

トレイルばかりやっているとシューズのダメージも多いです。
昨年の奄美ジャングルトレイルではゴール後シューズがボロボロになりました。使い過ぎてホントにボロボロ。「今までありがとう!」とシューズに伝えて奄美で捨ててきた記憶があります。

今履いている上記2足もダメージが多いので、そろそろ次の厚底シューズを探そうと思います。
裸足というかゼロトップを意識してまたALTRAさんにしようかと。

と考えていたらALTRAさんのFacebookページで新作が発表されておりました。

スタックハイト(底の厚さ)が33mm!!!厚い。さらにゼロトップですか。候補にします。

以下ALTRA Facebookページより
ALTRA

【新製品発売中】Olympus3.5
トレイルランニングモデルで最もクッションの良いモデル。

33mmのスタックハイトとVibram MegaGripが過酷なトレイルでも安定性とトラクションを確保してくれるので、過酷な長旅(レースやトレッキング)で頼られるシューズです。

通気性と耐久性が高いメッシュアッパーと、今回のアップデートでさらに補強パーツを耐久性の高い素材に変更

つま先部のドレーンシステム(排水機構)変更やシュータンのストッパーパーツも通気性向上の為に見直しています。

スタックハイトが33mmでありながらInnerFlexを搭載する事で、ミッドソールの柔軟性と反応性が向上しています。

Vibram MegaGripアウトソールは安定性を増すためにかかと部分の面積を大きく取り、かかと中央部の溝は着地時に広がり、安定性、衝撃吸収、グリップが向上しています。

見た目では想像できないほどクッションバランスが良く、重心もシューズの中心になるよう設計されたアルトラシューズならではのゼロドロップシューズでアクティビティーを更に楽しみましょう!

2足以上持っていく?

100km以上のトレイルランニング大会になりますとドロップバックと言って着替えやその他後半のレースのための荷物置き場が用意されることがあります。
持ち運べないけど後半に必要なものを置いておくのです。

シューズを履き替える方もいらっしゃるのでしょうか?
トレニックワールド彩の国100kmでは前半をALTRA、後半をHOKAONEONEにしました。
理由はありません。ただ同じレースでどんな感覚かを確かめたかっただけです。

雨とかですとびしょびしょになったシューズを履き続けることも気分的に良いものではないので履き替えることもあります。
ですが彩の国は最高のコンディション。履き替える必要はなかったのですが、後半の疲れを「安心感」で補いたかった。

ベテランの方々はどうしているのでしょうか?
今度走っている間に色んな人に聞いてみたいと思います。

ロード

9月から12月は毎月70km以上のトレイルランニング大会にエントリーをしております。
さらに11月は横浜マラソンに当たってしまったので出場します。

ロードとトレイル。シューズ、スニーカーが大好きな私にとっては一粒で二度おいしいスポーツなのでしょう。
トレイルの方が面白いけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「自由な大人」と書いた小学生の件
  2. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!
  3. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!
  4. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!

関連記事

  1. トレイル100mile

    トレイルランニング

    日本の100マイル(100mile)トレイルランニングレースはこれだ!

    私の目標 100mileトレイルランニングレースのご紹介先日トレニ…

  2. 房総横断トレイル

    トレイルランニング

    ~coast to coast~ 房総半島横断2017 68kmトレイルラン完走の巻

    皆さん、千葉県を走って横断したことありますよね?~coast to…

  3. 鎌倉アルプス

    トレイルランニング

    新年初トレイルランニングはやっぱり鎌倉アルプスで!

    初めて妻とトレイルランニング!へ新年早々妻から「私もトレイ…

  4. hokaoneone

    トレイルランニング

    ランニングシューズ【HOKA ONE ONE】を知ってますか?

    皆さん、「HOKA ONE ONE」って知ってますか?「ホカ ワン…

  5. 札幌手稲トレイル

    トレイルランニング

    札幌テイネ(手稲)トレイルにペーサーとして参加しました!

    札幌に行った3つ目の理由そうなんです。札幌のSEO業者様との打…

  6. トレイルランの良いところ

    トレイルランニング

    トレイルランと街ランの良いところと悪いところ

    今日の横浜はとっても良い天気になりました。こんな日は何をしますか?…

最近の記事

  1. 決断
  2. 断捨離
  3. ネットワーク
  4. no-index
  5. WEBで集客

アーカイブ

  1. 既読スルー状態

    熱狂プロデューサー

    お父さんコーチが子供をダメにすることがある。。。
  2. 動画の時代が来る

    SEO対策

    やっぱり動画の時代が来る!
  3. 大切なものは目に見えない

    SEO対策

    特にSEO対策は提案し過ぎに要注意!
  4. 達成感

    トレイルランニング

    小さな成功体験で根拠のない大きな自信を得る(トレニックワールド彩の国100kmト…
  5. ジャーナリング

    マインドフルネス

    ブログでジャーナリングしてもマインドフルネスなのかしら?
PAGE TOP