マンモス

メンタル・自己啓発

逃げたら思いっきり前進する時もあるのだ。

「逃げる」ってマイナスなイメージだけじゃないのさ。

「逃げる」って言葉、一見カッコ悪い言葉に聞こえますよね?一般的にはそう思われているます。

これは日本の文化なのでしょうか?
小さいころから?、小学校の教育からでしょうか、それとも親の教育なのでしょうか?

苦しいことも我慢して最後までやることが美徳とされている気がします。嫌なことでもやり切ったらご褒美をもらうとか。
部活や習い事だって途中で辞めると根性ない!的なレッテルを貼られたり。

終身雇用が根付いていた日本の会社でも「辞める」という選択肢はあまりなく、最後までその会社でやり切ることが常になっていました。

でも、そんな社会の今までの当たり前がどんどん崩れてきて、色々な選択ができるようになり「我慢して最後までやり切らなくても、途中からシフトチェンジした方がもっと面白い人生が待っていたり、精神的にも楽になったり」とそんな時代になっているような気がします。

途中で辞める、逃げる・・・。そんな言葉が卑怯者、根性なしを意味する時代は終わりました。
そこまで辛かったら辞めればいい、そんなに追い込まれてまでやる必要はない。

私は堂々と「逃げれば、辞めれば」と言えます。
ただこれは辛い当人にとっては簡単すぎる、直球過ぎるアドバイスのようです。

逃げた経験者しか言えないことのようです。分かる気がします。

何故なら私は結構逃げてきたから!

私は社会人になって数回大きな「逃げ」を実行しました。もちろんその時は色々悩みましたし、色んな人に相談しました。ですが当時「辞めれば」というド直球のアドバイスをくれた人はほとんどいませんでした。私の妻以外に。。。

結果論ですが結局今は幸せに生きておりますので、大きく逃げたことは大正解であり自分にとってはものすごく「前進した逃げ」だったことが分かります。
だから苦しんでいる人に「辞めれば」と言えてしまうのかもしれません。

皆さん悩んでいることはだいたい職場の人間関係です。だいたいというかほぼすべてが人間関係。
悩みを聞くとほぼ上司のことです。。。

職場

ズバリ言ってしまうと皆さん「気の合わない上司に日々色々言われながら好きでもない仕事を毎日している」んです。さらにその上司とは自分の家族より長い時間を過ごしている場合も少なくありません。
残業で夜遅く帰っても子供、または奥さんも寝ていて、家族の顔を見るのは朝だけ。でもその上司とは数時間を共にしているのです。
そう考えるとゾッとしませんか?

自分が辞めたら残った人が、その後の仕事が・・・とか思ってませんか?

大丈夫。私やあなたが辞めたからってその仕事がなくなったりはしません。残念ながら私やあなたがいなくてもいつものように変わらず仕事や会社は存続します。
あとは残った人が考えれば良いことなんです。残った人がかわいそうとか、辞めたらあの仕事どうなるんだろうなんて思ってもしょうがない。残った人がなんとかするんです。
残った人がまたその上司に悩んだらその人が判断すればいい。あなたは次のステップへ進めばいい。そしてあなたが前進したら残った人にアドバイスをすればいい。

「そこにいるのは無駄な時間かもよ!」とかね。

今我々が生きているのは大昔に逃げていた人のお陰かもしれない!

大昔の人は狩りに出かけて、勇気のある人は大きな動物に立ち向かい失敗したら死んでいきました。ちょっと勇気がなかった人、または私のように立ち向かう勇気がありそうに見せて一番後ろを行くような人間は死なずに残りました。

お腹がすいて死にそうになった時、見たこともないものを勇気をもって口にした人は死んでいきました。そして勇気をもって口にした人が死ななかった時、やっと同じものを口にした人は死なずに残りました。

その残った人たちの子孫が我々です。臆病者の子孫が私なんです。逃げてきた人の子孫が私。
そう考えると少し楽になりませんか?

トラ

今の時代は(先進国に住んでいれば)動物にやられることはほぼありません。
ですが苦しい環境に居続けるとメンタルがやられてしまいます。私も経験があります。。。

そして鬱になり最悪の場合死を選んでしまうことがあります。
死んじゃダメだ。絶対に。

逃げればいいんだ。でも逃げた経験がない人にはこの判断は難しいことも分かっている。
でも辞めればいいんだ。そうなってまで同じ場所にいる必要はないのさ。

うまく逃げた人を褒めるぐらいじゃないとと思っている。

過労死や自殺のニュースがあると会社の体制が・・・とか死んじゃダメだ・・・とか。
当然そういった話になる。当たり前だ。

でもさ、言葉にすると難しいけど「逃げた人を褒める」というか「逃げていいよ」「逃げた人が今こうして前進することもあるよ」という方向の情報ってあまりないと思うのさ。難しいんだけど。

ほめる

でもなんかそういう仕組みがないとずっとこんな感じなんじゃないかな?

なので私は今後「逃げた経験を堂々と発信する」のもよいのかな?と色々考えております。逃げた経験がある人、そして逃げることを選択した当時の心境やその選択をしてから今に至るまでの状況をお話していただく場を設けたり。

とりあえず、私の逃げ体験を今後発信したいと思います。
難しいなぁ、逃げ体験って自分では相当いっぱいいっぱいだったけど、今考えたり他人から見るととんでもなくどうでもよかったり、「なんであんなことで悩んでたんだろう?」を思ったり。

今がそうなんです。「あの時なんでそんなことで悩んでたんだろう?」って。
でもそれが成長なのかもしれません。

逃げたことを後悔は全くしてません。むしろ良い判断だったと今では思います。

何故なら今私は幸せだから。

以上

ピックアップ記事

  1. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!

関連記事

  1. 止まれ

    マインドフルネス

    うつ病予備軍のあなたへ

    最近うつ病、うつ状態だった方とよく会うあなたは大丈夫ですか?…

  2. 自分のことを考える

    メンタル・自己啓発

    もっと自分のこと、自分の時間を考える。

    自分の時間を生きているか?こちらも最近勢いのある方々の本に書かれて…

  3. 外国人はズルい

    メンタル・自己啓発

    女性を口説く外国人がお手本。まずはお客様との共通点を探せ!

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。先日横浜は…

  4. 骨折

    メンタル・自己啓発

    「期限を決めるとうまくいく」というよくある話

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。9月1日、…

  5. 空手が好きな理由

    トレイルランニング

    私が武道「空手」「トレイルラン」にハマった理由!

    みんなで強くなる必要がない個人競技思えば空手もトレイルランも始めた…

  6. 集合

    ブランディング

    自分が見てる自分と外から見た自分

    自分ってどんな人間?って人に聞いたことありますか?「私ってどんな人…

最近の記事

  1. goodrのスタッフ女子ーズと。
  2. スマホで動画編集
  3. 動画ビジネス最前線
  4. SNS
  5. モンブラン
  1. off the clock

    タイアレス須藤

    「Off the Clock」という新しいトレイルランの概念 #offthecl…
  2. 恐羅漢トレイルコース

    トレイルランニング

    第3回ひろしま恐羅漢トレイル @広島 走ってきて分かったこと。
  3. cola

    トレイルランニング

    コーラがエイドステーションにあると嬉しい件
  4. マインドフルネスとアスリート

    ブランディング

    アスリートとマインドフルネス
  5. ゆっくり走ること

    トレイルランニング

    ゆっくり走ると逆に疲れるの巻
PAGE TOP