コミュニティ

メンタル・自己啓発

母から聞いた小さなコミュニティの話

家族や会社以外のコミュニティに属してますか?

誰もがどこかに属しているかと思います。
私の場合は空手道場やトレイルランニング仲間、少年サッカーコーチ時代の仲間等々。
習い事だけじゃなくて、お友達の集まりもコミュニティになりますよね。

定期的に会って、ある程度信頼関係を得られて。助け助けられて。
私は上記に集まる方々には本当に助けられております。お互いの悩み事やチャレンジの共有、ストレス軽減になったりと。

こういう時はこの人に聞けとか、人脈って言ってしまうと嫌らしい感じですが、それとは何となく違う友人としての信頼感。
大人になると仕事以外で知り合いってなかなかできないですよね?仕事関係だとどうしても友人と呼べず。

Facebookか出てきて、子供の頃の友人と再会してさらに関係が深まることもあるでしょう。でも大人になってからの新しい友人というのも今の自分をさらけ出せるという意味ではとても大切な存在になり得ると思ってます。

ソーシャル

実体験からの母のリアルな話

自己啓発本に色々書いてあるような話ですが、これは約70年生きてきた人の実体験からの言葉なので、それはそれで重いですね。

見返りを求めてはいけない

もうさ、この年になるとさ、色々面倒見てあげたから何かあった時に世話になろうなんて思っちゃだめでだよ。
そんなこと考えたって自分とは考えが絶対に違うんだから。人間関係ってきっと相手に求めたことが思った通りに返ってこないから勝手に悪くなるんだろうね。
自分が変わらなきゃいけないんだよ。

本には色々書いてありそうな言葉ですが、本当の経験からの言葉だと思うと本とはまた違う説得力がありますね。

子供に頼る時代じゃない

もう一緒に住んだりする時代じゃないんだから。離れて住んでいる子供に何かあったら帰ってこいなんて無理なのさ。
だからこっち(印旛村)で友達作って楽しくやるのが一番。それもあんた(私)と同じぐらいの年齢の人とかと年の差なんて関係なく仲間になってお互い何かあったら助け合うのがシンプルでそれが普通なんじゃないかな。
子供は子供のコミュニティがある。だから遠くの親に何かしてあげるなんてもう考えたらいけないのだよ。

友達

母に会ったとき実家ではなんとか教室が開かれていて、私と同じ年の講師と母より年下のおば様たちがワイワイ言いながら参加していたのです。
恐らくそれぞれの楽しさや悩みを共有して誰かが何かのタイミングでそれぞれがご意見番になるのでしょう。
最年長の母はそれこそ人生の先輩として、夫の生まれ故郷というアウェイで暮らすことを決断した経験から得た心構え的な話でもしているのでしょう。

友達

年の差はあまり感じられない集まりで、「あぁ、やっぱりこういうのが必要なんだな」と強く感じた瞬間でした。

核家族化が進み、隣に住む人とは一言も話したこともないそんな世の中。
うまい具合に人に頼るって生きていくこともとっても必要なことなんじゃないかしら。

あまり多くのコミュニティに参加してしまうと大変そうなので、そこはコントロールしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「自由な大人」と書いた小学生の件
  2. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!
  3. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!
  4. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!

関連記事

  1. 止まれ

    マインドフルネス

    うつ病予備軍のあなたへ

    最近うつ病、うつ状態だった方とよく会うあなたは大丈夫ですか?…

  2. 空手が好きな理由

    トレイルランニング

    私が武道「空手」「トレイルラン」にハマった理由!

    みんなで強くなる必要がない個人競技思えば空手もトレイルランも始めた…

  3. マラソン

    メンタル・自己啓発

    1番じゃなくていいんだよ、今は。

    2番かぁ、いいじゃん今は。新しいシーズンが始まりました。残念な…

  4. 自分のことを考える

    メンタル・自己啓発

    もっと自分のこと、自分の時間を考える。

    自分の時間を生きているか?こちらも最近勢いのある方々の本に書かれて…

  5. 花束

    ブランディング

    動機なんて不純でいいじゃないか。

    モテようと思って何かを始めたっていいじゃないか!何かを始めるために…

  6. 自由

    ブランディング

    「好きなこと」とは強要されてはいけないもの

    それ、やろうと思ってたのに。。。子供の頃「早くお風呂入って」とか「…

最近の記事

  1. 結婚
  2. セッション数
  3. 信越五岳
  4. 完走!
  5. 既読スルー状態

アーカイブ

  1. 須藤商店

    SEO

    まずは「須藤商店」で検索上位を狙ってみる。
  2. 逃げていい!

    メンタル・自己啓発

    逃げたっていいんじゃないかな?
  3. 動画の時代が来る

    SEO

    やっぱり動画の時代が来る!
  4. 親子でゲーム

    ブランディング

    フィルムカメラで撮った忘れられない写真ってありますか?
  5. 2018年元旦RUN

    ブランディング

    2018年元旦。印旛村まで約90km走る。
PAGE TOP