イチゴ狩り

熱狂プロデューサー

もうすぐ46歳になるオッサンがひとりでイチゴ狩りに行った件。

イチゴ狩りってやったことありますか?

それはやったことがある人はたくさんいるでしょう。
しかしながら「ひとり」でイチゴ狩りをしたことがある人はなかなかいないのではないでしょうか?

まあ女性とかだったら絵になるのですが、家族連れやカップルちゃんやヤングなグループがキャッキャキャッキャ言いながらイチゴを狩っている横で、オッサンがひとりで・・・は少々寒いです。
まだ誰も気にしてないんですけどね。

受付の時は少々抵抗ありましたけどね。「ひとりですぅ」って。

イチゴ狩りにひとりで行ったことには訳があります。
5月に空手道場でハイキング+イチゴ狩りを企画したので下見を兼ねてのひとり遠足です。

前回は鎌倉アルプスを約20km歩きました。小さい子供たちも完歩しました。稲村ケ崎の海に出た時の達成感はハンパなかったです。

そして今回も多くの方のご希望があったようで、ハイキング+イチゴ狩りを企画しました。
イチゴ狩り、子供たちがとっても楽しみにしてるんですよぉ。
5月下旬はもうイチゴの季節は終わりに近いので、クローズしている農園さんが多いのですが、三崎口ににある農園さんはやっているとのこと。
予約はしたが一度見てみないと!と行ってみることになりました。

空手道場の中学生を誘おうと思ったのですが、私より忙しそうなのでひとりになりました。。。

イチゴ狩り

イチゴ狩り、これいい!

30分食べ放題なのですが、30分も食べ続けることもできず、食べても10個ぐらいがやっとです。約10分ぐらいでフィニッシュです。
練乳のカップが配られて、イチゴをピックしてディップして食べる。

ウマい。ウマい。ウマい。これ、いい!
何で今までやらなかったんだろう?思っていたより気軽にできるので、何かちょっとどっか行こうかって時にイチゴ狩りは良いコンテンツだと思いました。

ハイキングの下見でもあるので、三崎口から歩いて荒崎シーサイドハイキングコースを歩きました。

浜辺を歩きます。意外とキツイ。お弁当はここがいいかなぁとか、ソレイユの丘でも楽しめるなぁとか。
私こういうの好きなんですね。

なので子供たちのためもあるのですが、正直自分がハイキングしたかったのが大きな目的です。
あとは当日の天気次第。雨が降ったらハイキングなしでイチゴ狩りだけにしよう。

うん。いちご狩り、おすすめです。
もう一回行こうかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「自由な大人」と書いた小学生の件
  2. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!
  3. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!
  4. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!

関連記事

  1. 好きを仕事に?

    熱狂プロデューサー

    「好きなことを仕事にする」という言葉が生む誤解

    好きなことを「して」いますか?好きなことで仕事してますか?という質…

  2. ロボット

    熱狂プロデューサー

    本当にロボットが人間の仕事を奪ってしまうのかなぁ

    ユニクロのセルフレジに今更驚く私・・・最近近所のスーパーのレジは支…

  3. パイ

    熱狂プロデューサー

    平成最後の日だからと言って・・・

    昭和最後の日に何をしたかなんて覚えていない!平成最後の日です!とテ…

  4. enjoy

    ブランディング

    好きなことが義務になってはいけないという話

    好きなことが「やらなきゃいけないこと」になったらダメよ。色々試して…

  5. コミュニケーション

    熱狂プロデューサー

    結局問題の原因はコミュニケーションなんですよね。

    人間関係の問題=コミュニケーションの問題私が言える立場ではありませ…

  6. 空手二段

    空手

    私は空手に救われました。私が空手をお勧めする理由。

    皆さん、空手をやってみたいと思いませんか!そうですね。あまりそうは…

最近の記事

  1. サイトのテーマ
  2. 冒険
  3. ナイトラン
  4. happy
  5. SEO

アーカイブ

  1. チャレンジ

    ブランディング

    2019年こそ!と考えている人たちでお茶会をする #いつか撲滅運動
  2. off the clock

    タイアレス須藤

    「Off the Clock」という新しいトレイルランの概念 #offthecl…
  3. sns

    SNSマーケティング

    2030年にはマーケティングの50%はソーシャルメディア経由になるですと!
  4. ファン

    ブランディング

    何かの熱狂的なファンである人を応援したい。
  5. トレイルコース

    トレイルランニング

    嫁が「トレイルランやりたい!」と言ってくれた2019年正月!
PAGE TOP