本を読む

熱狂プロデューサー

人により感性が違うから面白い!

全く面白くなかった本・・・

私は本を読むのが好きです。ですが読むようになったのはここ数年です。
記録を取り始めてから360冊ほどになりました。

月に4~10冊読みますね。逆に全く読まない月もある。
山崎豊子さん等の何巻もある本を読んだ後は何も読みたくなくなったり。それも面白いですよね。
特に月何冊読まなければならない!みたいなくだらない目標はありません。
読みたい時に読んで、読みたくなければ読まない。

もっと前から記録していれば良かった後悔しております。
今ではアプリで読んだ本を記録するものがあるので活用しています。
読んでる作家の割合等も出て意外と面白いです。
これを読んでる人はこんな本も読んでいる!とかね。参考になります。

さて、数冊前に読んでいた上下巻ある本のお話し。
全く面白くなくって、読んでいるうちに眠くなってしまうので読むスピードも上がらず、読み終えるのに2週間ぐらいかかった本があります。

いつ面白いのが来るか!と読み進めていましたが「え、終わり?」と突然読了してしまった次第です。

BOOKOFFにて古本で買ったのですが、帯にはある有名コピーライターさんが「〇〇さん(作家の名前)最高です!」的なことが書いてありました。
少々期待して読んでみました。

本の虫

私は結構どんな本でも楽しめる方だと思っていたのですが、さすがにダメでした。
口コミを読んでも同じ意見の方が多かった気がします。読むのに疲れた、上下巻は不要だとか。

ただもちろん面白い!という口コミもあり、それも当然かと。

ひとりひとり感性が違うから面白いんですね。賛成もあれば反対もある。自民党がいれば民主党もある。
だから面白い。

世の中の基準は私ではありませんからね。面白いと思った人がまたその作家さんの本を読めばいい。
面白くないと思えば他の作家さんの本を読めばいい。

でもちょっと気になります。大きな賞を取った作家さんだったので、他の本を読んでみたくなりました。
これも他の本を読ませる作戦なのか?自分はまんまとその作戦にハマったのか!

とにかくさ、「みんな違ってみんないい!」とはよく言ったものですね。

私のこのブログだって、読んでくれている人もいれば、別に色んな本に書いてあることと同じじゃねーかと直帰してしまう方も多い。

でもやっぱり気になるなぁ、他の人に読んでもらおうかなぁ。
読みたい方いらっしゃいますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!
  2. 「自由な大人」と書いた小学生の件
  3. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!
  4. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!

関連記事

  1. 好きなこと

    ブランディング

    「にわか熱狂さんいらっしゃい!」プロジェクト

    『にわか熱狂さん、いらっしゃい!』(仮名)プロジェクトの件私は…

  2. マラソン

    メンタル・自己啓発

    1番じゃなくていいんだよ、今は。

    2番かぁ、いいじゃん今は。新しいシーズンが始まりました。残念な…

  3. 自分よりスゴイひとはたくさんいるから気にしなくていい

    熱狂プロデューサー

    「自分よりスゴい人」なんてたくさんいるから気にしてもしょうがない件

    好きなことについて1時間ぐらい話せますか?いかがでしょうか?私の場…

  4. マインドフルネス

    熱狂プロデューサー

    旅する「加賀恭一郎」は続くか!

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。皆さん、加…

  5. 達成感
  6. スキー

    熱狂プロデューサー

    もっと面白そうで、楽しそうな目標を持てばいいのに。

    おっさんが目標と言うとどうでしょう?おっさんですとどうしても仕事は…

最近の記事

  1. SIYコアプログラム
  2. Your money Your Life
  3. 独立
  4. Googleマイビジネス
  5. アルトラ OLYMPUS 3.5

アーカイブ

  1. お姉さま方

    ブランディング

    自分の考えをカッコつけずに表現したら・・・
  2. 着物男子

    ブランディング

    和服・着物を着る。男性が着物を着たっていいじゃない!
  3. ゆっくりゆっくり

    ブランディング

    須藤商店の営業スタイル-攻め過ぎない
  4. マインドフルネストレッキング

    マインドフルネス

    「トレイル×○○○」!トレイルと皆さんの得意技のコラボレーションを考える。
  5. フィルムカメラで撮る

    熱狂プロデューサー

    「写真父さん」を知っていますか?
PAGE TOP