マインドフルネス

熱狂プロデューサー

旅する「加賀恭一郎」は続くか!

横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。

皆さん、加賀恭一郎って知ってますか?そうです、東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズの加賀恭一郎です。「麒麟の翼」とか「祈りの幕が下りる時」の刑事さんです。
私は特に東野圭吾さんばかり読む!という訳でもなく、映画も観たかと言えば観てません。

麒麟の翼は観ましたけど・・・面白かったです!

私の読書パターンは映画の原作をまず読む、そして忘れたころに映画を観るというもの。映画は観ないことも多いです。
これまで映画を観てがっかりしたパターンが多かったからです。
ですがこの加賀恭一郎シリーズは是非観たいですね。

そして今回、部屋にある本を整理してBOOK OFFに行こう!と思っていたのですが、この加賀恭一郎シリーズはせっかく10冊揃っていて売ってもきっといくらにもならないので、この面白さを共有しようと誰かに差し上げることにしました。

加賀恭一郎シリーズ

そしてFacebookにて「読む方いますか!お譲りするぜぇ!」と発信したところすぐに貰い手さんが手を挙げてくれました。すごい時代ですね。

順番に読まなくても面白いのですが、どうせなら順番に!

この加賀恭一郎シリーズ。もちろん順番に読まなくても面白いのですが、どうせ揃っているなら順番に読んでほしいなと。
大学生の加賀恭一郎が書かれている「卒業」から、一人前の刑事として活躍し映画にもなっている「祈りの幕が下りる時」まで。

卒業
眠りの森
どちらかかが彼女を殺した
悪意
私が彼を殺した
嘘をもうひとつだけ
赤い指
新参者
麒麟の翼
祈りの幕が下りる時

私は悪意と赤い指が好きですね。

次の人にもセットで譲ってほしい!

是非今回お譲りする方には、読了後またどなたかにセットで譲ってほしいなと。
そして世界中を旅してほしい、「旅する加賀恭一郎」です。

以前ある写真屋さんがこんな企画をしてました。「旅する写るんです」企画。
インスタントカメラである「FujiFilmさんの写るんです」で一枚撮ったらまた別の人に送る。そして撮り終わったら最後の人は店に戻す。

これでどれぐらい帰ってきたかは不明ですが、私も旅する加賀恭一郎が世界中のどこかを回っていて、また私が読みたくなった時たまたま見つけて私のところへ戻ってきたらいいなと思います。

加賀恭一郎

まぁ、誰か売っちゃうだろうなぁぁぁ。

楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「自由な大人」と書いた小学生の件
  2. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!
  3. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!
  4. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!

関連記事

  1. 読書

    熱狂プロデューサー

    「白い巨塔」「華麗なる一族」山崎豊子さん、そろそろ読みますよ!

    山崎豊子さんって知ってますか?私は本を読むのが好きなのですが同じ本…

  2. マラソン

    メンタル・自己啓発

    1番じゃなくていいんだよ、今は。

    2番かぁ、いいじゃん今は。新しいシーズンが始まりました。残念な…

  3. enjoy

    ブランディング

    好きなことが義務になってはいけないという話

    好きなことが「やらなきゃいけないこと」になったらダメよ。色々試して…

  4. フィルムカメラで撮る

    熱狂プロデューサー

    「写真父さん」を知っていますか?

    デジタルの時代!あえてアナログを。私が大学生から社会人になるぐらい…

  5. 悩み

    熱狂プロデューサー

    飽きること、挫折することを恐れるな、進め!

    何!やりたいことが分からない!はい、分かりますその気持ち。意外と多…

  6. 達成感

最近の記事

  1. UTMB2020
  2. SIYコアプログラム
  3. Your money Your Life
  4. 独立
  5. Googleマイビジネス

アーカイブ

  1. 空手が好きな理由

    トレイルランニング

    私が武道「空手」「トレイルラン」にハマった理由!
  2. 失敗

    メンタル・自己啓発

    7割でいいじゃん!という考え方。
  3. Your money Your Life

    SEO対策

    【超初心者向けSEO対策】YMYLってご存知ですか?
  4. ロボット

    熱狂プロデューサー

    本当にロボットが人間の仕事を奪ってしまうのかなぁ
  5. WEBで集客

    SEO対策

    私が最近「SEO対策」に関する記事の更新頻度を上げている理由
PAGE TOP