既読スルー状態

熱狂プロデューサー

お父さんコーチが子供をダメにすることがある。。。

お父さんコーチの責任は重いですよ。

今朝早朝、すぐそばにある公園を歩いていたのですが、公園に響き渡る怒鳴り声が聞こえてきました。

とても気持ちの良い天気だったのですが、その怒鳴り声で回りを歩いている人も苦笑。皆さんの爽やかな朝をぶっ潰すものでした。

小学校5、6年生の男の子がバットを振り、お父さんがボールを投げていました。
一球一球投げる度にに怒鳴り声が飛びます。

ああじゃない、こうじゃない、なんでできないんだ、だから打てないんだ、早くやれよ、構えろよ、お前のためにやってんのに。
そして仕舞に「中学入ったら野球やめろ」って声も聞こえました。

朝からとっても悲しくなりました。
何度そのお父さんのところへ行こうかと。

なので私はすぐそばでその様子を見ることにしました。
お父さんの声もだんだん小さくなった気がします。。。

お前のためにこんなに朝早くからやってやってるのに・・・
確かにお子さんのためなのかもしれません。
が、きっとそれは自分の息子をチームのレギュラー、いや将来プロ野球選手にしたいという自分の夢のためになのかもしれません。

怒鳴る

私は少年サッカーのコーチをしていたことがあります。
試合に行くと色々なコーチを見ます。

私にも正解は分かりません。
怒鳴るコーチでも強いチームはあるかもしれません。

が、チームは選ぶことができます。
怒鳴られてもこのチームで頑張りたい!と思えればよいのですが残念ながら親は選ぶことができません。

私も含めて、親は子供のためにいいことをしているという錯覚に陥ることがあります。
私も正直そうでした。とっても反省してます。

なので今は子供のやっていることに一切口を出すことはありません。応援だけしてます。
子供はイキイキしてます。試合に負けようが先生に怒られようが私が起こられる訳ではないのです。

先ほどのお子さんも是非野球を楽しいと指導してくれるコーチの下で頑張ってほしいです。
お父さんの言う通り、中学校に行って野球をやめるのもいいでしょう。悲しむのは君のお父さんだ。
でも君は君の人生だ。お父さんの人生ではない。自由に生きていただきたい。

楽しいと思ってもらうこと

お父さんの役割は「野球は楽しい!」と思わせることではないでしょうか?
ボールがバットに当たった。スゲー!と一緒に喜ぶことではないでしょうか?
どうせお父さんだってプロじゃない。

楽しい

中途半端に教えない方がいいんです。たぶん。お父さんの悪い癖ですよね。

今朝周りを歩いているおばちゃんが「あんな素人コーチにあんな風に教わっちゃうと子供もかわいそうねぇ」と言っていたのが印象的でした。。。

卵が先か鶏が先か。
楽しいからうまくなるのか、うまくなるから楽しいのか。

最初からうまいことはないので、きっと「楽しい」から入るのでしょう。
だとしたら何かに興味を持った子供に対してそれが楽しいことを伝えるのが親の役割ではないでしょうか?

子供の最初のコーチはお父さんお母さんです。
是非お子さんにそれが「楽しい」ことを教えてあげてください。親も一緒になって楽しんであげてください。

既読スルー状態の少年

お父さんがうるさい子供の傾向も何となく分かりました。

実際今朝のバッターのお子さんもそうですが、どうやら怒鳴られても怒鳴られてもへっちゃらなところがあります。
どうやら怒鳴られ過ぎるとそれをスルーする能力が身に着くようです。

コーチ

これは子供に限ったことではありませんよね、もしかしたら会社にもいるかもしれません。

今朝の救いはお子さんが既読スルー状態だったということ。
それはそれでよい関係になっている?のかもしれませんが、いい気分ではないでしょう。

勉強しろ勉強しろというとしなくなるとか。

私にも息子がいますが、子育てなんて手探りですべてお母さん任せです。。。
こんな偉そうなことを書いていますが、私だって失敗の連続です。正解はないことは分かっています。

ただ子供がやりたい!と思ったことは無条件でやらせてあげたい気持ちは変わりません。
経済的なことがクリアできればなんだって応援しますよ。

今朝の話。
怒鳴っているお父さんコーチを見ていると悲しくなったことがひとつですが、それよりも多くの人が気持ちよく歩いたり走ったりしている朝の公園の雰囲気をぶち壊すのは止めていただきたかった。

怒鳴るのは家でやってもらいたい。
公園はあなたの家ではないのです。

その方が残念だったなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつか撲滅運動#いつか撲滅運動 よし。私は100マイラーになります!前のページ

トレニックワールド彩の国100kmを完走して自信がついた件次のページ完走!

ピックアップ記事

  1. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!
  2. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!
  3. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!
  4. 「自由な大人」と書いた小学生の件

関連記事

  1. 義務化

    メンタル・自己啓発

    好きなことに義務を感じてしまった時。

    義務を感じた瞬間に重くなる・・・さあどうする?好きなこと、やりたい…

  2. パイ

    熱狂プロデューサー

    平成最後の日だからと言って・・・

    昭和最後の日に何をしたかなんて覚えていない!平成最後の日です!とテ…

  3. 熱狂

    熱狂プロデューサー

    「好き」を言葉にした先にあるもの

    熱狂プロデューサーの須藤です。「熱狂」という言葉は熱すぎるか?…

  4. イチゴ狩り

    熱狂プロデューサー

    もうすぐ46歳になるオッサンがひとりでイチゴ狩りに行った件。

    イチゴ狩りってやったことありますか?それはやったことがある人はたく…

  5. フィルムカメラで撮る

    熱狂プロデューサー

    「写真父さん」を知っていますか?

    デジタルの時代!あえてアナログを。私が大学生から社会人になるぐらい…

  6. カット割り

    熱狂プロデューサー

    面白い動画のカット数のこと

    H3見出しaエキサイティングな動画はカット数が意外と多いというお話…

最近の記事

  1. 実験
  2. アルトラゴールデンキャンプ2020
  3. サイトのテーマ
  4. 冒険

アーカイブ

  1. ブランディング

    好きなことをしていることを「発信すること」の大切さに最近気付く
  2. 読書

    熱狂プロデューサー

    「白い巨塔」「華麗なる一族」山崎豊子さん、そろそろ読みますよ!
  3. ペーサー

    メンタル・自己啓発

    これからランニングを始める方へ!「ペーサー」を探しましょう!
  4. 熱狂プロデューサー

    平成30年9月1日。須藤商店として独立!
  5. ティファニー

    ブランディング

    動画のカット数を数えると勉強になることが多い
PAGE TOP