横浜トライアスロン完走

ブランディング

横浜トライアスロン2018!全く疲れずに完走できました!

皆さん、横浜港って泳いだことありますか?

2018年5月13日(日)、横浜トライアスロンが開催されました。私もエイジグループのスプリントで出場いたしました。

トライアスロンには「エリート」と「エイジグループ」というものがありまして、「エリート」は文字通りエリートな人々、要するにこういった大会に出てご飯を食べている人だったり、とにかくスゴイ人たちです。

「エイジグループ」は私のような一般人となります。さらに30代、40代等年齢別にカテゴライズされています。

「スプリント」というのはトライアスロンの距離別のカテゴライズで、一番短いものになります。

今回は750m泳ぎ、20km自転車に乗り、5km走るというものです。その他オリンピックディスタンス(だいたいスプリントの倍の距離)や、皆さんがトライアスロンと聞くと思い浮かべるアイアンマンがあります。

ちなみにアイアンマンは4~5km泳いで180kmぐらい自転車に乗って、さらに42.195km走るというとんでもないトライアスロンです。

なので「トライアスロン完走したよ!」と言っても私の場合はアイアンマンではなく、一番短いスプリントコースなんですねぇ。だいたい1時間45分ぐらいですね。

横浜トライアスロン

多くの参加者が一番苦手としているのがスイムのようです。自転車や走ることはなんとなく練習はできるのですが、泳ぐとなるとなかなか練習するハードルが高いですよね。しかもウェットスーツで海を泳ぎますのでなかなか練習できません。

ただトライアスロンはこのスイムを時間内に完泳できれば完走率がグンと上がると言われています。今回の750mスイムのリミットは25分。50mを1分40秒なのでプールでの感覚ですと問題ないタイムなのですが、海となりますと波や他者との接触、焦り、ウェットスーツというあまり経験したことのない環境で泳ぐ訳ですから、なかなか簡単に!とはいきません。

それよりも、子どものころから見ていた横浜港、山下公園にあるあの氷川丸のところを泳ぐとは!正直汚いイメージしかありません。最近は多くの方々の努力でだいぶキレイになってきたとは言われておりますが・・・

まあ結果的には18分ぐらいで完泳でき、水も若干飲んでしまいましたが身体にはもちろんなんの影響もありませんでした。

私は横浜港を泳げただけでとっても満足です。

頑張らないことを頑張った私

トライアスロンは泳いだ後自転車に乗らなければなりません。なので泳ぐのに足を使いすぎると自転車をこげなくなるぐらい疲れます。

なので私は以前教わった通り、「泳ぐときには足を使いません」でした。するとどうでしょう、自転車をこぐことに全く影響がなかったんです。苦しくなったら止まる。この止まることがとても大切ですがとっても勇気がいることですね。

でも焦ると遅くなるんです。それも今までのトレランやトライアスロンで経験済みなので、この「止まること」についてはだいぶ自分のものになってきたと思います。

横浜トライアスロン

泳いでいる時も、自転車乗っている時も、走っている時も。私はどんどん抜かれました。抜いたことはほとんどなかったと思います。また抜こうとも思っておりませんでした。

数年前の私だったら恐らく抜かれたら抜き返すぐらいの精神だったかと思います。もうそんな無駄な、疲れることはしませんしできません。特に泳ぎについては焦らずゆっくり腕を回し足を使わず、進路を確認する度に止まりました。

一度やってみると分かります。レース中に止まること、呼吸を整えることはホントに大事でこれができるようになるには意外と時間がかかるのです。

準備から焦らない

トライアスロンに限らず、トレイルランもそうですがだいたいエントリーや説明会はレース前日になります。

横浜大会はトランジションエリア(スイム、バイク、ランの中継点)に前日に自転車を置くことができました。私はキャノンデール横浜店さんでの点検を済ませ、その足で山下公園にあるトランジションエリアに前日預託しておきました。そうすると当日エントリーに焦るリスクを減らすことができます。

トランジションエリア

エイジグループは年齢別、コース別にウェーブスタート(グループ毎のスタート)なので、受付時間やエントリー時間、スタート確認時間等細かく時間が決められており、当たり前ですが時間厳守です。少しでも遅れるとDNS(Do not start)になってしまいます。

また当日の山下公園はトライアスロンのコースにもなっているので、公園内の移動もとっても困難です。

時間に余裕をもって、焦らず、スタート地点に到着することがとっても大事になります。

エリート選手の速さにオドロク!

私の出場するエイジグループ大会前日、エリートさん達のレースが行われておりました。

エリート選手

写真は女子選手ですが速い!!!何だろう、音が違うというかオーラがありました。

これでご飯食べてる人たちかぁ・・・と。

と言う訳で私はやっぱり「完走だけ」を目指してチャレンジしようと改めて思った次第です。頑張らない、頑張らない。

自転車(バイク)のコツを知りたくなった!

一番心配していたスイムですが、過去数回レッスンに通ったお陰で何となくコツは分かった気がしてます。ウェットスーツの着方とかバイクにつなげる泳ぎとか。スイムが心配だっただけにスイムに気を遣ってきた訳です。

バイクやランは日ごろ練習できるとは言え、「トライアスロンのバイク練習」はしていません。今回正直バイクで足を使ってしまったかなぁと。ランにつなげるバイクってやつです。

ギアの切り替えとかアップダウンの走り方とか。こういうのが面白い。

こういった「次どうしようか」「次どうやったら疲れないだろうか」と考えること、そしてそれを次チャレンジしてみて自分の身体がどうなるか。それをコツコツ積み重ねていくこと、これがとってもエキサイティングで、さらにそれが私の好きなことなんだなぁと思います。

それはトライアスロンに限らず、スポーツや武道全般でのトライアル&エラーを繰り返すこと、PDCAっていうんですかね、それが私の好きなこと、やりたいことなのかなって思います。

横浜トライアスロン完走

私にはまだまだやりたいことがたくさんあります。

トレイルランや空手、トレッキングにマインドフルネス。

体力的には疲れない私ですが、精神的に弱い私はなんとか精神面を強くしていきたいと思ってます。

そして仲間を増やして皆さんの好きなことを聞きながら、色々ご意見を参考に今後の人生を考えて行きたいと思ってます。

あー、楽しいなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「自由な大人」と書いた小学生の件
  2. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!
  3. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!
  4. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!

関連記事

  1. 須藤商店Youtubeチャンネル
  2. 箱根駅伝

    ブランディング

    箱根駅伝の見方が変わった2018年。それは自分も変わってきているということ。

    子どもが変わっていくことを目撃すること。とっても新鮮な気持ちになります…

  3. サーフショップ

    ブランディング

    GoProがつないだサーフショップさんとの縁

    だから外に出ると面白いんだよ古い人間です。営業は足でかせげ!ってい…

  4. セルフブランディングを見直す

    ブランディング

    セルフブランディング(SNS運営)を見直す模様

    「須藤さんは損してますよ!」私に色々アドバイスをしてくれるとて…

  5. カット数

    ブランディング

    面白い動画は意外とカット数が多い

    動画のカット数って数えたことありますか?面白いにも人それぞれ。好き…

  6. 動画の時代が来る

    SEO対策

    やっぱり動画の時代が来る!

    最近テレビって観てますか?最近我が家でもテレビ(番組)を観ることが…

最近の記事

  1. UTMB2020
  2. SIYコアプログラム
  3. Your money Your Life
  4. 独立
  5. Googleマイビジネス

アーカイブ

  1. ふてにゃん

    ブランディング

    ふてにゃんで実感する目ヂカラの効果
  2. トライアスロン

    ブランディング

    『2018世界トライアスロンシリーズ横浜大会』参戦決定!
  3. 反撃ですよ

    ブランディング

    アンチの役割
  4. 自分よりスゴイひとはたくさんいるから気にしなくていい

    熱狂プロデューサー

    「自分よりスゴい人」なんてたくさんいるから気にしてもしょうがない件
  5. 試してみる

    ブランディング

    続けることも大切だけど、止めることも大切だと思う。
PAGE TOP