マインドフルネストレッキング

ブランディング

マインドフルネストレッキング@鎌倉アルプス

5月20日。鎌倉アルプスをゆっくり歩きませんか!

と言う訳で5月5日、下見と称して私のマインドフルネス先生の友人とふたりで鎌倉アルプスを歩いてきました。

私は疲れない歩き方、姿勢をお伝えし、マインドフルネス先生は呼吸法と瞑想を。

これ以上ないのでは?と言うぐらい良い天気で、40半ばのオッサン二人で歩くのはもったいないトレッキング日和になりました。

そしてお互い得意技を伝え合うというとっても有意義なトレッキング。ゴールの稲村ケ崎でカンパイという運びになりました。

マインドフルネスについては後日ゆっくりと。。。

なるほど。得意技を持ち寄ればよいのだ。

もちろん歩くだけでも大変気持ち良いのですが、ただ歩くだけではもったいない。

今回のように参加者が得意技を伝え合う。一石二鳥にも三鳥にもなるのでは!と色々考えてしまいました。

例えば・・・

  • トレイル×フォト(写真)
  • トレイル×ムービー(動画)
  • トレイル×ランチ
  • トレイル×語学
  • トレイル×マインドフルネス
  • トレイル×○○○

トレイルを歩いたり走ったりしながらできること。この○○○に入るものを誰かが持ち寄れば面白いイベントになるんじゃないかと。

港南台から稲村ケ崎まで約17km。トレイルランももちろん良いです!ただこれから始めようという方にいきなり17km走らせてしまうと次に繋がらない気がしてなりません。

であれば最初は歩いて、コースを満喫する。横浜にこんなところがあるんだ!という感動を。そして歩いたり走ったりするだけではなく、その中での別の体験を提供する。

プラスの体験

17km歩く、または走る。もちろんずっと歩いたり走ったりする訳ではなく、必ず休む。歩いたり走ったりしながらできること、休んでいる時にできること。色々あると思います。

ゴールの稲村ケ崎で完成するもの、なんてのもあるかもしれない。体験をお土産に持って帰ってもらうこと。

恐らく歩く、走ることだけ真剣にやりたい人なんてあまりいないと思います。そういう人はひとりでやっている。なので歩きながらできること、プラスアルファの体験として持って帰れるものを提供できれば後も続くのかもしれない。

おまけになんだっていい。参加者の得意技を伝えてもらえばいい。毎回テーマを決めてやるのもいい。

これを考えているだけでワクワクしてきた。

ゴールするまでにルービックキューブの六面体できるようになるとか。。。編み物が完成するとか。フランス語がペラペラになるとか。

ヤバい。考えるだけでワクワクしてしまう。

ピックアップ記事

  1. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!

関連記事

  1. トーク

    ブランディング

    雑談タイムは必要!名付けて「さだまさし営業」!

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。皆さん、さ…

  2. パラグライダー

    ブランディング

    空を飛んでみる。息子が。子どもにはやりたいことはやらせたい。

    子どもには選択肢を与え続けたい。子どものために親ができることって何…

  3. 試してみる

    ブランディング

    続けることも大切だけど、止めることも大切だと思う。

    本日はPerfumeのライブ@横浜アリーナに行ってきました。3人と…

  4. goodrのスタッフ女子ーズと。

    トレイルランニング

    goodrさんのトレイルランニングイベントに参加の巻

    思った通り素敵な集いだったgoodrトレイルランニングイベントドレ…

  5. カメレオン企業

    ブランディング

    カメレオンのように変化しながら、仕事して、生きる。

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。皆さん、「…

  6. ふてにゃん

    ブランディング

    ふてにゃんで実感する目ヂカラの効果

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。8月に我が…

最近の記事

  1. goodrのスタッフ女子ーズと。
  2. スマホで動画編集
  3. 動画ビジネス最前線
  4. SNS
  5. モンブラン
  1. 旅する加賀恭一郎

    熱狂プロデューサー

    旅する「加賀恭一郎」は続くか!
  2. 逃げていい!

    メンタル・自己啓発

    逃げたっていいんじゃないかな?
  3. フラミンゴ

    ブランディング

    エキサイティングだった2018年を振り返る。
  4. 外国人はズルい

    メンタル・自己啓発

    女性を口説く外国人がお手本。まずはお客様との共通点を探せ!
  5. ブランディング

    好きなことをしていることを「発信すること」の大切さに最近気付く
PAGE TOP