ブランディング

印旛沼までの約90kmを歩く。。。辛い中に楽しさを見つけるのだ。

皆さん、100km歩いたことありますか?

恐らく皆さん100kmぐらいは毎月あるいていることでしょう。数年前愛知県で行われた100kmウォークに何気なく参加し、一度目に歩いた時には「二度と出るか!」とは思いましたがその結果の不甲斐なさが悔しくて結局は二回目も出場しました。

一度目の問題を克服し、戦略を立て自分をコントロールし無事前年よ7時間ぐらい縮めてゴールした訳で。それからと言うもの42.195kmでは物足りなくなりそれ以上の距離でトレイルランというものにハマりました。実はフルマラソンには一回しか参加したことがありません。2016年の横浜マラソンです。

だいたい私はスポーツ系のイベントをナメて参加する傾向があります。その横浜マラソンも良いペースだったのですが30kmを過ぎたら急に足が動かなくなりました。結果は5時間半!神奈川県知事にも負けました。

それからフルマラソンにはあまり興味がなくなりました。。。

私のシューズ

さて、この100kmを普通に歩けるようになって、100kmを歩くことで色々な気付き、そして20時間以上歩き続けることによるメンタルコントロール、準備と休むことの大切さが分かった今、「またやってみたい」という気が沸き起こりました。

※100km歩くことによるメリットや歩くコツについては後日!

家族を巻き込んで実家の印旛村まで歩く。約90kmの旅!

結論から言うと実家まで歩いたのは私だけで、妻と息子は約40km地点(新木場)でドロップアウトし電車で印旛村まで向かいました。

レインボーブリッジを歩いて渡れること知っただけでも家族でやった価値がありました。妻も息子もがんばりました。ですがやはり公式イベントではないので制限時間がないのでどうしても甘えが出ます。休憩時間に制限がありません。どうしてもゆっくりになります。でも家族だからそれでいいんです。別に何時間かかったっていい。

恐らくもう一緒にやってはくれないでしょうが、きっと何かの役には立つはずです。災害があった時は歩いて千葉まで行ける。お父さんが連れていける。もう道は分かっている!

実はこの90km。何年か前に息子と自転車で帰ったことがあります。息子がまだ小学校3・4年生ぐらいだったと思います。しかも息子は小さなBMXです。全く疲れなかったと言ってました。大したものです。

ですが歩くとなると無理はさせたくないので線路沿いにコースをとり、いつギブアップしても良いようにしておきました。それがよかった。新木場で暫しのお別れです。

辛い中でも楽しいことを見つける

正直に申し上げると道自体はあまり面白くないんです。しかもレインボーブリッジを渡ってしまうと千葉まではトラックがビュンビュン走る道路沿いを歩くことになるので排気ガスもスゴい。まったく面白くない。どんなことでも面白くしようと努力はしているのですが、どうしても今回は排気ガスに負けましたね。

なので後半は「ありがとう」と何回言えるか試してみようと一歩一歩「ありがとう」「ありがとう」と言いながら歩いた記憶があります。恐らく何万回か言ったと思います。今まで生きて来た中で言った「ありがとう」を一日で越えた気がします。それがどんどんリズミカルになってきて歌になったりすることもあります。

長電話している時にいつの間にかスゴいイラストを描いてしまうような感覚です。いつの間にか「ありがとうの歌」になっています。

上り坂が続く自転車レースやトレイルランニングの大会ですと歌はさらにパワーアップします。

印旛村の田んぼ

曲がりくねった上り坂が続くと「ここ曲がったらもう上りはないよな」と思うとまたその先に上りがあったり、遠く山の上を見ると先へ行くランナーが走ってたり。「まさかあそこは走らないよなぁ」と思っているとやっぱりそこがコースだったり。

そこで本当の頂上へから下る時、「♪信じていいのね 信じていいのねぇ♪」「♪信じていいのね 信じていいのねぇ♪」と言うよな歌になります。こうして辛い中でも楽しさを見つける訳であります。

100km歩いたり160km自転車乗る場合、12時間から22時間かかります。時間はたくさんあります。色々考えることができます。しかもひとりで。ゆっくり何かを考えたい場合、100kmはおすすめです。

24時間テレビ恒例のマラソンも、実はちゃんと休みながら歩けば24時間以内にゴールすることは可能です。。。無理して走らなくてよいのです。でもテレビだから走らないとダメなんですね。

さて今度はどこの100kmに参加しようかしら?

どなたか一緒に参加しませんか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「自由な大人」と書いた小学生の件
  2. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!
  3. 横浜元町の花屋【Pas de deux(パ ドゥ ドゥ)】が最高かよ!
  4. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!

関連記事

  1. 2018年元旦RUN

    ブランディング

    2018年元旦。印旛村まで約90km走る。

    皆さん横浜から千葉ぐらいだったら走れますよね?やっと来たな、201…

  2. パドボ

    ブランディング

    「結局人生は思った通りになる。」と思って生きる。

    結局思った通りになってませんか???もしかしたらとっても簡単なこと…

  3. 着物男子

    ブランディング

    和服・着物を着る。男性が着物を着たっていいじゃない!

    私が札幌に行った理由私と一緒にお仕事をしているSEO専門業者様…

  4. イベント

    ブランディング

    「次も行きたくなる」イベント作り

    内輪受けで盛り上がっているイベントにはもう行きたくない!私はたまに…

  5. パイロット

    ブランディング

    民間のパイロットになりたかった話

    昔なりたかったものって何ですか?大学3年生の頃、私は旅客機のパイロ…

  6. SNS

    ブランディング

    須藤商店のブログとSNSをすべてまとめてスッキリした件。

    ブログをまとめた2019年正月私は思いついたら居ても立っても居られ…

最近の記事

  1. 決断
  2. 断捨離
  3. ネットワーク
  4. no-index
  5. WEBで集客

アーカイブ

  1. Natura写真展

    ブランディング

    うえろくカメラ写真展Vol.7「Good-bye NATURA1600」へ出展!…
  2. コミュニケーション

    熱狂プロデューサー

    結局問題の原因はコミュニケーションなんですよね。
  3. ピアノを弾きたい45歳

    ブランディング

    45歳のオッサンが弾いてみたいピアノ曲は!
  4. GoPro

    ブランディング

    GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!
  5. 好きなこと

    ブランディング

    「好きなこと」の見つけ方
PAGE TOP