パラグライダー

ブランディング

空を飛んでみる。息子が。子どもにはやりたいことはやらせたい。

子どもには選択肢を与え続けたい。

子どものために親ができることって何だろう?永遠のテーマなんでしょうね。私もそうですが親の夢、希望を子どもに押し付けようとしてしまう傾向があります。

自分がサッカーをやっていたので「やれ!」とは言っていないつもりでしたが、いつの間にか態度や何かがサッカーへ押し付けていたのかもしれません。小学校3年生の後半から息子はサッカーを始めましたが、私がチームの監督になるタイミングの6年生に上がる時にサッカーをやめました。

陸上部
正直とてもショックでした。当時色々考えて、多くの方に相談した記憶があります。「強要してたのかな」「プレッシャーだったのかな」「一言一言が追い詰めていたのかもしれない」と悩みました。ただ悩んでもいてもしょうがない。

子どもは子どもの人生。選択は子どもがする。親は選択肢を与えるだけで、チャレンジできる環境を与えよう。

と当たりまえなことにやっと行き付きました。今は陸上を頑張っているようです。星飛馬のお姉さんのように柱の陰から応援しています。大会を観に行ったり日ごろ頑張っている息子を見ているととても刺激になります。子どもから教えられる、子どもに気づかされることはたくさんあるんですね。先人達が言うことがやっと分かってきた、そういう年齢になりました。

パラグライダーをやってみたい!

我が家はよく長野県は八ヶ岳、原村に行く。なるほど、パラグライダーですか。八ヶ岳周辺にいくらでもありそうですね。

息子が赤ちゃんの頃からどこかへ行こう!と言えばまず原村でした。

安曇野パラグライダー

車山付近で一度挑戦しようとしましたが風がないとのことで一路数時間かけて安曇野まで連れていかれる。どうなることやら?と思っていましたが安曇野にはパラグライダー専用の飛行場があり、着いたところには多くの方々が空を舞っておりました。こういう世界があったんですね。

インストラクターのおじさんに繋がれて、タンデムで丘を駆け下りフワッと宙に舞うとあっという間に風に乗って上昇しどんどん小さくなって行きました。スゴイ体験ですね。私もやってみたかったのですが安曇野までの想定外の移動に疲れ、飛行場からの景色にうっとりしたままゆっくりさせていただきました。

どうだったんですかね。車山よりもかなりサービスしていただいたようで結構長い時間飛んでいたようです。

経験しなければ分からないことがたくさんある。面白そうだと思ったらとりあえずやってみること。

人生そんなことばかりなんだと思います。それは私や妻の両親を見てもとても刺激になります。印旛村で畑や庭いじり、ウォーキングや洋裁等フリーダムな生活をしている私の親、ウクレレやドラム、ジャズボーカルやダンスを頑張っている妻の両親。年齢なんて関係ないんです。

恐らくチャレンジという言葉ではなく、「好きなことをやること」=「幸せ」なんだと思います。これはきっと生きていく上で基本のことなんでしょうね。

ただひとつ、とても大事なことがあります。

健康であること。

私の目標は健康のまま年を取ること。おじいちゃんになっても「あのじいさん、あの年でトライアスロンやってるよ。」って言われるぐらい。色々やってみると高齢でもスゴイ人がたくさんいます。共通することは好きなことを楽しんいること。当たり前なんだけどその当たり前なことができてない人がたくさんいるんだろうなって日々電車の中を見渡すと感じることが多々あります。

今後色々な人とお話しして、その秘訣をまとめて行きたいと思ってます!

好きなこと堂々とできる環境と好きなことをする習慣を持つ。それが自然なことにする。

好きなことをしている、さらに好きなことを仕事にしている方々に目標って何?って聞くと何て返ってくると思いますか?

「教育を変えたい」って答える方が多いんです。

私はまだその域には達していませんが疑問に思うこともあります。仕事で少し遅く帰ってきたりすると、塾帰りの息子の友人たちに会うことがあります。「頑張ってなー!そんなに勉強してどうすんだ!」と声をかけると「僕は○○大学に行きたいんです。」なんて返ってくる。。。

「で、どうすんの?」とは聞きませんが彼らは自分が塾へ行きたくて行っているのか、何かの洗脳なのか?彼らとの話が成績が良ければ幸せな人生が待ってるように聞こえてなりませんでした。

これが教育を変えていきたいことなんだろうか?もちろん塾へ行って勉強することが今の「好きなこと」ならいいのかもしれませんね。でもなんかしっくりしない彼らとのトークでした。

私にはまだ難しい。。。

さて、水泳行ってこよっと。

ピックアップ記事

  1. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!

関連記事

  1. ひとり博報堂

    ブランディング

    《ひとり博報堂》と名乗りたい。

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。世の中には面白…

  2. トーク

    ブランディング

    雑談タイムは必要!名付けて「さだまさし営業」!

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。皆さん、さ…

  3. ブランディング

    好きなことをしていることを「発信すること」の大切さに最近気付く

    「発信してもいいんじゃない?」「あなたのやってることは人を勇気…

  4. ファン

    ブランディング

    何かの熱狂的なファンである人を応援したい。

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。何かの熱狂的な…

  5. 横浜トライアスロン

    ブランディング

    横浜トライアスロンまであと1ヶ月!大会コースを試走!

    世界トライアスロンシリーズ横浜大会まであと1ヶ月になりました!ドキドキ…

  6. goodr

    ブランディング

    ランニング用サングラス【goodr】って知ってますか?

    goodrはL.A生まれのランニング用サングラスgoodrは「グダ…

最近の記事

  1. goodrのスタッフ女子ーズと。
  2. スマホで動画編集
  3. 動画ビジネス最前線
  4. SNS
  5. モンブラン
  1. 奄美ジャングルトレイル

    トレイルランニング

    OSJ奄美ジャングルトレイル2018に参戦します!
  2. ゆっくり走ること

    トレイルランニング

    ゆっくり走ると逆に疲れるの巻
  3. いつか撲滅運動

    熱狂プロデューサー

    「いつか撲滅運動」とは良く言ったものだ!
  4. 横浜トライアスロン完走

    ブランディング

    横浜トライアスロン2018!全く疲れずに完走できました!
  5. run

    ブランディング

    見た目だけカッコよくてもダメなんだ。と気づいた京浜東北線。
PAGE TOP