富士五湖100km

ブランディング

富士五湖ウルトラマラソン100kmにチャレンジして分かったこと。

皆さん、富士五湖って全部言えますか?

山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖です。このうち富士五湖ウルトラマラソン100kmコースは本栖湖を除く4つの湖を巡ります。

118kmコースもありまして、そのコースは本栖湖まで行きます。

今回私は100kmにチャレンジいたしましたが結果を言えば・・・

約50km付近でリタイア!

左の下っ腹が急に痛くなり、走れなくなりました。。。足は特に問題なかったのでなんとかなるかな?と思っておりましたがもう足を踏み出す度に腹に衝撃が走りました。内蔵の筋肉痛のような痛み。。。

色々な大会に出てきましたが、初の「リタイア」になります。

富士五湖100km

正直ホッとしました。出場する度に「完走しなければならない」と誰からのプレッシャーもないはずなのに勝手に自分にプレッシャーを与えていたことに気づきました。できれば完走したいけど「リタイアしたっていいじゃん!」と。

先日エンジェルスの大谷君が途中までノーヒットに抑えてましたが、ヒットを打たれると観客から「お疲れさま」の拍手がありました。今までよく頑張った!という意味でしょう。私も自分に拍手をしてあげようと思います。

これが本当のチャレンジだったのかも!

完走できることが分かっている大会にエントリーすることはチャレンジではありません。野外スポーツ系の大会は当時の天候にもよりますし、大会となればスポーツに限らず体調も結果に影響します。なので厳密に言えば確実に完走できる大会なんてありません。

富士五湖100km

ですが、外的要因以外で走力や技術的には問題ないと思われる大会にエントリーすること。それはチャレンジではありませんね。

この大会で少し思ったのは、「自分は今まで本当にチャレンジしてきたのかしら?」ってこと。完走できる大会しかエントリーしてないんでないの?と思ってしまったんです。

トレイルランでは70km以上の大会にはまだ出たことがありません。なんですがトレイルをやっていると少し距離感が麻痺してきます。70kmというとなんとなくイケる距離なんです。なので私にとってトレイルでチャレンジというのは70km以上の大会なのかもしれません。

100kmのロードは正直自信がなかったというか、何も想定できませんでした。印旛村までの約90kmを走れたので少々楽観視していた部分もあります。また当日は気温約30度と思っていた以上に暑かった。

とにかく、まだ私の身体はまだ100kmを走れる力はない!と判断しております。

来年リベンジするために!

ではこの悔しさをどこにぶつけるか!そう、来年の富士五湖ウルトラマラソンしかありません。色々戦略を練ります。なんとなく原因は分かっています。色々な方の記事を読むと見えてきました。

富士五湖100km

  • やっぱり走る練習はする。ゆっくり長く走る練習ですね。
  • 食事もしっかりする。
  • 良く寝る。

私は普段はあまり長い距離走りません。ですが他の参加者の記事を読むとだいたい月間○○○km走ってます!的な方が多いです。100kmに耐えられる身体が必要になります。

食事についても私は結構昼ご飯を抜いてしまうことが多々あります。食生活という意味ではあまりよろしくありません。

3月末~4月中旬まで寝不足が続きました。

前泊を安く抑えてしまうと知らない人と相部屋になります。相部屋での問題点は「いびき」です。。。今回私は4人の相部屋だったのですが2/4人のいびきがスゴかった!

なのでやっぱり大会前日は家族やひとりの部屋で自分のペースで過ごすのが一番です。

まあすべて言い訳にしかなりませんが、リタイアはなるべくしてなったというイメージです。とっても勉強になりました。

ゴールする方々を横目で見ながら・・・

富士五湖100km

富士五湖ウルトラマラソンコース

レースを早々に終えた私は帰りのバスまでの時間をシャワーを浴びたり、学生ボランティアのマッサージを受けたり、持って行った本を読んだりとキレイな富士山を見ながらゆっくりしておりました。

そんな中、続々とゴールするランナー。アナウンスも名前や登録したコメントを読み上げてくれます。ゴール付近の歓声もとっても羨ましかった。

来年こそ必ず完走したい。それだけ。

でも来年は「UTMF」に出たい!

UTMFとはウルトラトレイル・マウントフジの略でトレイルの100マイルレースです。これが4月の最終週にあります。UTMFに出るにはポイントやら抽選やらがあるので絶対に出られる訳ではありません。

その詳細は追ってご案内します。

とにかくUTMFに出るのであれば100kmマラソンは出ません。

さて、来年はどうなるか!リベンジだ。

ピックアップ記事

  1. シューズの厚底・薄底論争!さてどっち!!!
  2. GoPro Hero 7 は最高の遊び道具だ!Time Warpが面白い!
  3. 「自由な大人」と書いた小学生の件

関連記事

  1. run

    ブランディング

    見た目だけカッコよくてもダメなんだ。と気づいた京浜東北線。

    横浜のWeb集客コンサルタント、須藤商店の須藤です。私はランニ…

  2. goodr

    ブランディング

    ランニング用サングラス【goodr】って知ってますか?

    goodrはL.A生まれのランニング用サングラスgoodrは「グダ…

  3. 自由

    ブランディング

    「好きなこと」とは強要されてはいけないもの

    それ、やろうと思ってたのに。。。子供の頃「早くお風呂入って」とか「…

  4. 動画ビジネス最前線

    SEO

    #動画ビジネス最前線 明石ガクトさんと土屋敏男さんに会ってきました。

    本日鎌倉の鶴丘会館で鎌倉新聞さん主催の「動画ビジネス最前線」明石ガクト…

  5. サーフショップ

    ブランディング

    GoProがつないだサーフショップさんとの縁

    だから外に出ると面白いんだよ古い人間です。営業は足でかせげ!ってい…

  6. ご提案

    SEO

    Webサイト制作関連2019年度のご提案の時期です。

    トレイルランニングや空手、マインドフルネス等好きなことを書いているこの…

最近の記事

  1. 自由な大人
  2. シャウト!
  3. 義務化
  1. 2018年元旦RUN

    ブランディング

    2018年元旦。印旛村まで約90km走る。
  2. UTMB

    トレイルランニング

    私がチャレンジしたい海外トレイルランニング大会【5選】!
  3. トレイルコース

    トレイルランニング

    嫁が「トレイルランやりたい!」と言ってくれた2019年正月!
  4. いつか撲滅運動

    熱狂プロデューサー

    「いつか撲滅運動」とは良く言ったものだ!
  5. ひとり博報堂

    ブランディング

    《ひとり博報堂》と名乗りたい。
PAGE TOP